グランドカセロール。北斗七星のように

グランドカセロールとはフランス語で北斗七星のことです。方位、東西南北は暗闇、夜は北極星をみつければ簡単にわかりますが、北極星はそれほどに明るく輝いている星ではないため、明るくよくわかる北斗七星から、北極星を探します。
命には限りがあり、決して止まりも逆戻りもしません。人は皆それぞれに方向を定め、暗闇の中をその限られた時を使ってそれぞれの目的に向かって歩みます。時計はその限られた時を刻み、その歩みを助けるものです。北極星にたどり着くには北斗七星、人生の目的地には時計。世界中のクオーツウオッチの故郷、信州の北の空には明るく輝く北斗七星があります。

時計の原点は防災から。原点を忘れない。

クオーツウオッチ誕生の裏には時計の狂いが原因の数々の尊い犠牲があります。そもそも腕時計は個人持ちの防災用品であり、よって正確であるとともに、高い視認性と高い信頼性が求められます。初期のクオーツウオッチはまさにそれでしたが、いつしかその原点が忘れ去られてしまっています。
ひとつふたつくらいは原点を忘れないクオーツウオッチがあってもよい。そしてその故郷は、世界中のクオーツウオッチの故郷、信州であるべきであり、日本であるべきである。
精密防災機器製造の平川製作所はそう考え、断行しました。クオーツウオッチの故郷、信州の工場でひとつひとつ、丁寧につくられている、まさに、All made in Shinshu,JAPANです。

精密防災機器製造の平川製作所とは?

平川製作所の創業は「純金耳かき」からでした。以来、いにしえの通信デバイス「コヒーラ」を応用したSPD(サージ保護デバイス:特許)や雷対策機器(特許)、地震用配線遮断器(実用新案)を研究・設計・開発。地震、雷、火事だけでなく、新型コロナウイルス等の感染症対策のための紫外線空気除菌機能付きサーキューレータ「Hershcel(ヘルシェル)」など、幅広い分野にまたがる防災機器を製造しています。この度、いよいよ、精密機器の真骨頂、時計を手がけることになりました。

みせかけではない。本物の右腕につけるウオッチ


Y121キャリバー

「みせかけではない。本物をつくるのだ。」クオーツウオッチの開発に成功した精神をグランドカセロールは踏襲しています。

いわゆる左利きの人のみならず、右腕にウオッチをつけたいという人は多くいらっしゃいます。ところが特にクオーツウオッチでは使いやすい専用設計となっているものがこれまでにおよそつくられておらず、その需要に満足に応えられているとは言えませんでした。

完成部品のいわゆる寄せ集めではなく、材料から全てつくっているグランドカセロールは、ムーブメントの内部構造からベルト、りゅうずに至るまで、全て逆とした本物。右手につけるウオッチとしてあります。

特徴

  1. オールステンレスケースに曲面ガラス。手仕事であくまでもシンプルに極限まで磨き上げる日本のクオーツです。
  2. 外乱に強く、電池が消耗するまで、過酷な使用条件下でも月差±15秒以内の精度を保ちます。
  3. 大海原の中で最先端の計器が故障しても、進路を誤らずに帰港する船。その時刻における天体位置観測によるからこそであり、万一の時のこれに使う船の時計は秒単位で正確かつ自走(何があっても単体で正確に時を刻み続ける)でき、時刻を一発認識できるものでなければなりません。その船舶時計のデザインの文字盤。当然に高い視認性を誇ります。
  4. クオーツウオッチの命はケースの防水であり、電池交換の時に防水部品の消耗を確認し、消耗している場合には電池とあわせての交換が必要ですが、これに汎用品を用いており、かつ電池交換が容易な「はめこみ式裏ふた」としていることから、普通に一般の時計店で防水不良のない完全な電池交換ができ、よってこれだけで20年程度の使用に耐えます。さらにムーブメントは分解清掃のできる構造のものとしてありますから、これとあわせると、より長期の使用に耐えます。

こんな方に!

仕様

お求めはこちら!

Grande Casserole NAGANO EC Shop

Grande Casserole NAGANO EC Shop(開店準備中)。


© 2021 Otogi-koubou Music and Technology Works L.P.C.